看護師エージェンシー.com看護師の転職に必要な情報(転職の流れ・求人情報の見つけかた)をわかりやすく解説!

この決断が、未来をかえる。

トップページ > 看護師転職における人材紹介会社の選びかた

Q:いっぱいある看護師の求人紹介会社。いったいどこがお勧めなの?

A:実際に利用した看護師が満足ゆく転職を叶えた会社(満足度の高いところ)、実績のある会社がお勧めです。

実績のある会社はその信頼度から新たな求人枠を確保できることが一般的ですが、利用した看護師が満足しているか…は別問題。利用者満足度の高い会社が、転職を成功させているといえます。



-転職を成功させてくれる看護師人材紹介会社・6つの選ぶポイント-

  1. 満足度が高いこと
  2. 実績数があること
  3. 紹介先の職場環境を把握している
  4. 手当や待遇、離職の理由を把握している
  5. コミュニケ-ションのやりとりでおかしい、と感じることはないか
  6. 応募する際、病院側が求めている裏の‘採用のポイント’を聞けるかどうか

ecalic010_007.png 転職した先輩とチャっと会話|看護師の転職をわかりやすく解説!

結局、
求人仲介会社?
幾つか登録するもんなんですか??
そぅそぅ!
自分はどうせ一緒かな?って
そうだね!特典は利用しない手はないょ!!
そうか…
わたしも差がないもんだと思っていたけど
複数の会社に登録するのは、保険ってワケですね!
時間ない中、不安はあったから



これで安心!転職支援サービスを利用する看護師の基本知識

人材紹介会社人材紹介会社転職支援サービス無料なのはどうして?転職支援サービス無料なのはどうして?e-ナースセンターの求人情報・転職はどう?e-ナースセンターの求人情報・転職はどう?たくさんあるたくさんある

これで安心!転職支援サービスを利用する看護師の基本知識

登録したあとどんな流れで進むの?登録したあとどんな流れで進むの?転職支援サービス無料なのはどうして?転職支援サービス無料なのはどうして?看護師転職における個人情報の管理について看護師転職における個人情報の管理について非公開求人っていったいなに?非公開求人っていったいなに?
転職支援会社に幾つか登録するってあり?転職支援会社に幾つか登録するってあり?より理想的な求人情報ってどうしたら手に入る?より理想的な求人情報ってどうしたら手に入る?

看護師の転職・人材紹介会社の選びかた

1.満足度が高いこと

実際に転職した看護師が満足できたかどうかが1番重要。結果いい職場にありつけた…ではなく、不安や不満なく、快適にいい職場に出会えたか、経過も重要だと考えます。

2.実績数があること

実績は信頼を積み重ねた結果。実績数は思っている以上に重要で、転職サポート力を簡単に見極められるポイントでもあります。
病院側との関係が深く濃い会社は、決まって非公開求人の数を拡大しています。営業力にも長けているので、他の会社と比べより新鮮で正確な情報を得ている可能性も。延いては、転職アドバイスのコンサルティング力にも繋がります(よりよい会社は、転職支援後のカウンセリングも行っているので要チェック!!)。

3.紹介先の職場環境を把握している

カルテ管理や機器等の導入状況、電子化や個人情報などの管理、衛生環境の徹底度合など。今の職場で不安や不満を感じているところをあらかじめピックアップし、下見のときにチェックするのがマスト。また忘れてはいけないのが職場の雰囲気。グループを構成するキャリアや資格、年齢から聞けることはせっかく仲介を利用しているのだから、臆さず積極的に!いいことだけでなく、悪いところも事前に把握しておくと安心です。

4.手当や待遇、離職の理由を把握している

募集要項と実際の待遇がマッチしているか、疑って確認することも大切!夜勤のケースでは体制と休憩のとりかた、残業の度合など。また有給の消化率や女性なら産休や育休など、人生のライフイベントも忘れずに確認を。将来のビジョンを想像することで、キャリアを築くことができお勧め。また単身者であれば自宅からの距離を問わず、寮の有無、入居条件、環境(築年数・設備・間取り・立地・雰囲気)も忘れずにチェック。

5.コミュニケ-ションのやりとりでおかしい、と感じることはないか

どんな些細なことでもあれ?と感じることはNG。慣れないとちょっとした疑問を流されやすが、ひっかかることはメモとして控え、しっかり質問を。質問をしても納得できず、解決しない場合は距離を保って。例えば緊急を要する求人に、無理やり希望をフィッテングしようとしているケースも疑いましょう。病院側が数年前以上に転職後の定着率を重要視する影響で、無理な転職はなくなってきていますが、自分の要望を本当に理解しているかどうか、初心に戻って確認することが大切です。

6.応募する際、病院側が求めている裏の‘採用のポイント’を聞けるかどうか

実際に応募するにあたり、合格できなくては意味がありません。多くの採用担当者は採用するかしないかの権限があり、厳選ポイントが必ずと言ってよいほどあります。過去の実績から履歴書の書きかた、面接する姿勢や態度などアドバイスをしっかりと聞いてシミレーションしてみましょう。例えば個性的でインパクトの強いアピールを予定している場合、コンサルタントに「○○って言ってみようと思ってます」と事前に相談を。印象を残そうと質問したことが結果不採用と裏目に出てしまうこと、少なくありません。営業がしっかりしている会社は、採用担当者の性格を熟知しています。なので事前にアピール内容を告知しておくことで、コンサルタントと営業者の間で情報共有され、内定がもらえる確率をあげることができます。