看護師エージェンシー.com看護師の転職に必要な情報(転職の流れ・求人情報の見つけかた)をわかりやすく解説!

この決断が、未来をかえる。

トップページ > 周りの看護師が人材紹介会社で転職する理由。

Q:どうしてみんな、人材紹介会社で転職するの?

A:魅力的な求人情報、求人先の環境の把握に加え、給与や待遇の交渉まですべて無料でサポートしてくれ、利用しない理由がないからです。

多くの看護師が利用する転職支援サービス。その魅力をわかりやすく箇条書きでまとめると以下の7項目になります。


看護師の転職、求人紹介会社を利用する7つのメリット-

  1. 自力で探すことが難しい、魅力的な求人情報を知っている
  2. 求人募集先の職場の近況(雰囲気・人間関係)を、正しく把握している
  3. 自分が気づけなかった潜在的な希望をカタチにしてくれる
  4. 自分の要望に合わせ、転職を希望する職場に勤務要件(給与・体制・資格取得等)を交渉してくれる
  5. 履歴書の書きかたや面接対応など、転職希望先から内定がもらえるよう、クリアすべきポイントを教えてくれる
  6. 内定が決定したらスムーズに転職できるよう、しっかり面倒をみてくれる(退職アドバイス・転職先の勤務開始月日の調整など)
  7. 転職後、勤務要件どおりの内容の待遇か、困っていることや悩んでいることを相談することができる

arrow008.png看護師の人材紹介サービスの利用メリット・詳細を読む


ecalic010_007.png 転職した先輩とチャっと会話|看護師の転職をわかりやすく解説!

幸子せんぱ~い、おひさです♡
のぞちゃん、ひさしぶり~
それそれ!
1番のメリットは、負担がかからない!!
WEBでササッと連絡先を登録すると
あとはメールベースで求人内容を送ってきてくれるから
非公開求人っていう、例のアレですか!?
いや、すごいょ? 人材会社。いや、すごいょ? 人材会社。
(; ̄Д ̄)!!!?
当然、やめた人がいたからわたしが入ったのだけど
いいですね!クリニック!!
買い物っていったらこの前、ヴィ○ンの財布買ったょ~♡
(∑( ̄Д ̄;)っ!!
※1 転職支援金やHAPPYボーナスは実績によりもらえる額に差があります。また転職後、一定期間の勤務実績が必要となります。

これで安心!転職支援サービスを利用する看護師の基本知識

人材紹介会社人材紹介会社転職支援サービス無料なのはどうして?転職支援サービス無料なのはどうして?e-ナースセンターの求人情報・転職はどう?e-ナースセンターの求人情報・転職はどう?たくさんあるたくさんある

これで安心!転職支援サービスを利用する看護師の基本知識

登録したあとどんな流れで進むの?登録したあとどんな流れで進むの?転職支援サービス無料なのはどうして?転職支援サービス無料なのはどうして?看護師転職における個人情報の管理について看護師転職における個人情報の管理について非公開求人っていったいなに?非公開求人っていったいなに?
転職支援会社に幾つか登録するってあり?転職支援会社に幾つか登録するってあり?より理想的な求人情報ってどうしたら手に入る?より理想的な求人情報ってどうしたら手に入る?

求人紹介会社を利用する7つのメリットの詳細説明

1.自力で探すことが難しい、魅力的な求人情報を知っている

どうして転職仲介会社のみ握る、有力な求人情報が存在するのか…それは、採用したい病院側も忙しく余裕がない!に尽きます。看護師に時間が、余裕がないのと同じように、病院側も忙しい。1分でも時間があれば医療に費やしたい。事務作業を完全に委託しているよう、看護に従事し、それ以外はすべてやってもらいたいのです。人材紹介会社に‘魅力的な求人に殺到したら大変…’的なことが書かれていますが、広告を出す場所・タイミングでいくらでも調整できる話。要は優秀な仲介会社にほしい人材をひっぱってきてもらう、その結果魅力的になるのだから、あながちかけ離れたうたい文句ではないかも知れません。
また昔のように、一般公開すると新聞や雑誌など掲載されるまでに時間がかかっていまします。インターネットが普及した今、電子データでの迅速化が叶う環境があるということも、非公開求人が一般化した背景にあります。

2.求人募集先の職場の近況(雰囲気・人間関係)を、正しく把握している

個人情報では?と感じる内容ですが、看護師の転職に求められるのは‘定着率’。転職後に継続して看護をしてもらうには、欠かせない情報となっています。
看護師の職場は命を授かり、また女社会だけあり、人間関係は特殊です。自分が働き続けられる会社であるか、同僚はどのような方々か。仲介会社を利用する最大のメリットと言えます。
転職支援会社は日々の営業活動からはもちろん、実際に転職した経験者のアンケートからも情報を入手しています。よりよく把握してるイコール、その医療機関・病院・クリニックとの関係が良好である証ともいえます。

3.自分が気づけなかった潜在的な希望をカタチにしてくれる

軸がしっかりと強く、太いかたは自力での転職活動も成功するかと思います。しかし自分を理解するということはとても難しいこと。看護師の転職だけに限らず、転職には第三者の客観的な意見が鍵になります。自分が求める条件や要件が本当にそうであるのか、そのほかの可能性はどうなのか。親や先輩の経験に耳を傾けるのはもちろん、看護師の転職のプロであるコンシェルジュのアドバイスは想像以上に説得力があり、頼もしいものです。

4.自分の要望に合わせ、転職を希望する職場に勤務要件(給与・体制・資格取得等)を交渉してくれる

仕事柄、白黒はっきり言えることには慣れていても、自分の利益となるとはっきり伝えられない…自分は日本人だとつくづく感じる瞬間です(笑)
看護師の転職で外せない、給与交渉。お金とブレのない数量的な条件。転職後のライフスタイルを想像し、これぐらいあれば、なければと、自身の中で必ず決めておきたい要件です。仲介するコンシェルジュへはこの額よりちょっと高いぐらいに伝えて。転職までに余裕があるなら、よりよい募集を探すこともできます。交代制や病棟数など、外せない条件の洗い出しも◎。厳しい条件からレベルをさげることはできても、ゆるい条件から要望をあげるのは難しいということを忘れないで!

5.履歴書の書きかたや面接対応など、転職希望先から内定がもらえるよう、クリアすべきポイントを教えてくれる

何度も転職をしても、苦手意識がとれない履歴書。自分の職歴を受け入れてもらえるかどうか、転職回数やその理由はどう見られるか。判断するのが転職希望先だからこそ、です。
転職を経験した中でいえるのは、採用者が重要視しているポイントが決まっているということです。卒業した学校、経験した科、履歴書から読めない離職理由や、面接時のコミュニケーション力。求人会社はこのポイントを把握しており、面接まで進めることができれば安泰と言えます(ただし候補者がいるケースでは、油断禁物!)。

6.内定が決定したらスムーズに転職できるよう、しっかり面倒をみてくれる(退職アドバイス・転職先の勤務開始月日の調整など)

現勤務先の退職のフォローはしてくれても、紹介会社が直談判することはありません。あくまで経験からどのような理由で、どういう条件をつければ辞めやすいか…というアドバイスに限ります。
しかし職場の環境を熟知している自分としては、強く‘辞めます!!’は言い難いもの。適切なタイミングで直属の上司にやんわり…と助走期間を置いたほうが自然です。
このような状況で助かるのが、新しい勤務先でいつから働けるかという交渉。ここを紹介会社が担ってくれます。
休みが取りづらかったケースでは、1週間、2週間、休息を置いて心身やすめるのもいいでしょう。長らくお預けだった海外旅行も素敵です。人材紹介会社は転職先との良好な関係をキープするため(内定した子、旅行いくので働けるのは1か月先からです!)なんて暴露はしません(笑)お互いの利益あってこそ、信頼することができます。

7.転職後、勤務要件どおりの内容の待遇か、困っていることや悩んでいることを相談することができる

転職サポートは採用まで、が基本ですが、内定時と条件が異なるケースは別です。第三者入って決定した事項、なにかあったら遠慮せずに相談しましょう。
そして継続して勤務し続けることが最良ですが特に女性の場合、結婚や妊娠と自身でも想像していなかったライフスタイルの変化があります。そんなときには1度利用した人材紹介会社をまた利用するのも1つの方法。前回の紹介に満足していたら同じコンサルタントを指名し、別の地域、勤務スタイルを提案してもらうことも少なくありません。